マスクをすると1日に吸い込む花粉量は6分の1に減少!!



スポンサードリンク



この記事は1分で読めます


あなたは正しくマスクを付けていますか?

 

花粉症対策の基本中の基本!マスクの着用きちんとできていますか?

マスクを正しく付ければ、1日に吸い込む花粉量がなんと6分の1になるんです。

間違った付け方だとマスクをする意味なし!

最近はマスクのバリエーションが豊富になりました。

布製マスク
プリーツタイプの不織布マスク
立体タイプの不織布マスクなど…。

色付きやかわいい模様のついたものまでありますよね。

どんなマスクでもですが、正しい付け方をしなければ、効果はありません。

 

不織布マスクの正しい付け方

 

ここでは、一番一般的なプリーツの入った不織布マスクを付けるときの正しい方法を知っておきましょう。

1.ワイヤーが入っている面を上にする

2.鼻の形にワイヤーをぴったりと添わせる
隙間があると花粉やほこりが入ってきてしまう

3.上下に十分プリーツを開く
鼻から口、顎までをしっかりカバーする

正しくマスクを着用して、花粉を取り込む量を少しでも減らしましょう。

 

裏ワザ:マスクに花粉症に効果があるアロマオイルを吹き付ける

 

マスクの外側に鼻づまりを改善する効果が期待できる、ユーカリやローズマリー、ペパーミントなどのアロマオイルを吹き付けるのが効果的です。

アロマオイルの代わりに手に入りやすいハッカ油などでもOKです。

吹き付ける場所は必ず外側に!

内側に吹き付けると刺激が強く、むせたり、肌荒れすることがあるので注意しましょう!

鼻孔が拡張するので、鼻呼吸が楽になるので、鼻づまりなどの不快感が和らぎます。
鼻孔を拡張するテープなどを使ってもいいのですが、結構高いのでこちらがおススメです。

長時間マスクをしている際の臭いなどの不快感を感じにくくする効果もありますよ。

簡単な裏ワザなので、ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。