果物アレルギーと花粉症の関係性



スポンサードリンク



この記事は3分で読めます


果物を食べると、口の中がかゆくなったり、唇が腫れたりすることはありませんか?
もしかして、「果物アレルギー」かもしれませんよ。

果物を食べて、口の中がかゆくなったり、唇が腫れる「果物アレルギー」が最近増えているようです。

果物アレルギーは花粉症と関連がある新しいタイプのアレルギーとされていて、花粉症の方は注意が必要です。

いとこが桃アレルギーに!

以前、私のいとこが「私、桃アレルギーなの」と言っているのを思い出しました。

最初は「桃アレルギーなんて聞いたことがない」と思って、いとこの話を「子供に対して桃嫌いをごまかすための理由なのでは?」と軽く受け止めていました。

でも、桃アレルギーって、本当にあるんです。

いとこは、桃を食べている最中に、桃が触れた場所(口やのど)がかゆくなり、次第に腫れてきて、喉が締め付けられるように感じて、苦しくて桃を食べるのをやめたそうです。

以来、桃が嫌いになり、ずっと食べていなかったそうですが、あるとき再び桃を食べたところ、唇や顔が腫れあがり、息をするのもつらいほどになり、呼吸困難になったのです。

苦しくて苦しくて、病院に駆け込んで何とか間に合ったそうです。

1度目は、それほどひどくなかったのですが、2度目にアレルギー症状が出た時は本当に危険な状態だったとか。

当時は「果物アレルギー」ということが一般的ではなかったそうで、お医者さんからも「桃アレルギー」とは言われなかったそうですが、いとこは自分は「桃アレルギーだ!」と確信したそうです。

こわいですね、果物アレルギー。

果物アレルギーが増えている

アレルギー性疾患の専門医の方も「近年、果物によるアレルギーは増えている」と言います。

果物を食べて、口の中や喉の奥にかゆみを感じる人は、一度病院でアレルギーの検査を受けてみることをお勧めします。

「今まで普通に食べていたもの」でも突然アレルギー反応を起こすこともあるので、注意が必要です。

アレルギーの検査をして、アレルギーを起こしやすい果物を避けるようにすれば安心ですよね。

 

果物などで起こるアレルギー症状

<比較的軽い場合>

口の中やのどにかゆみが出る
唇が腫れる
喉がイガイがする
吐き気や腹部の不快感

 

<症状が重くなると>

じんましん
呼吸困難
血圧低下
意識障害をともなうアナフィラキシーショック

 

果物アレルギーは花粉症の人が発症しやすい?

アレルギー性疾患の専門医は、「果物によるアレルギーは増えていて、特に花粉症の人が発症しやすい」と言います。
大人も子供も発症しますが、子供はうまく自分の症状を伝えられないので注意が必要です。

また、果物アレルギーは花粉症と関連性が高いというのです。

そういえば、桃アレルギーの私のいとこも花粉症です。
私も花粉症ですが、今のところ大丈夫そうです^^
果物大好きなので、果物アレルギーになったら悲しすぎます;;

ちなみに、果物アレルギーは、飲食して5分以内に口の中や唇にかゆみや違和感を感じることから「口腔アレルギー症候群」を呼ばれることもあるそうです。

なぜ果物アレルギーと花粉症が関連するのか?

果物アレルギーと花粉症の関連については、まだ分かっていないことも多く、医師でも、アレルギーの専門家でないと理解が進んでいない場合があります。

自分と子供の身は自分で守るという意味でも、私たちは果物アレルギーについて、少しは勉強しておく必要があると思います。

お医者さんが「果物アレルギー」と言わなくても、果物アレルギーを疑って、おかしいと思うならば、その果物を避けるようにすることが大事です。

今分かっていることとしては、果物や野菜には、花粉症のアレルゲンと似た構造のたんぱく質を含む物があるそうです。

そのため、花粉症の人がこれらを食べるとアレルギー症状を起こすことがあるのです。

花粉症の種類とアレルギーが出る果物の関連性

花粉症の原因になる食物の種類によって、果物アレルギーが出る果物がある程度関連づけられます。

花粉症との関連が報告されているものの一例をあげます。

例えば、カバノキ科の「ハンノキ」や「シラカバ」の花粉症の人は、「リンゴ」「桃」「サクランボ」といったバラ科の果物でアレルギー症状が出やすくなります。
また、「西洋なし」「スモモ」「アンズ」「キウイ」「マンゴー」「セロリ」「ニンジン」でもアレルギー症状が出ます。

ブタクサのアレルギーの人は、「メロン」「スイカ」「バナナ」「キュウリ」でアレルギー症状が出やすいとされます。

イネ科の花粉症の人は、「メロン」「スイカ」「トマト」「キウイ」「オレンジ」でアレルギー症状が出やすいとされます。

ヨモギアレルギーの人は、「マンゴー」「セロリ」「ニンジン」などでアレルギー症状が出やすいとされます。

スギ花粉アレルギーの人は、「トマト」でアレルギー症状が出やすいとされますが、報告例は少ないそうです。

軽視は危険な果物アレルギー

「口の中がかゆいだけ」と軽視しては危険です。
私のいとこのように、呼吸困難などの症状が出る場合もあります。

特に、シラカバやハンノキの花粉症は、モヤシや豆乳で重症化するケースがあるそうです。

口腔アレルギー症候群は低年齢化していて、注意が必要です。

果物を食べて違和感を覚える場合は、専門医を受診することをお勧めします。

専門医では、まずは血液検査でどの花粉のアレルギーかを調べた後、果肉などを使って皮膚テストをします。

抗ヒスタミン剤で症状を緩和できる場合もあります。

まずは自分がどういうものにアレルギーを起こす体質かを知っていることが大事です。
知っていれば、危険を遠ざけることができるからです。

口腔アレルギーの原因となる果物のアレルゲンは、加熱により分解されます。
そのため、加熱されているジャムや缶詰などでは症状が出ないことが多いです。
これはうれしいですね。

果物アレルギーでない人は、過敏になる必要はありませんが、同じ果物や搾りたての生ジュースを一度に多量に飲食しないように気を付けると安心ですね。
最後に
一般的な食物アレルギーは、じんましんや咳などの症状を起こすことも多いです。
卵や乳製品、小麦、オレンジ、キウイ、バナナなどの食物も原因となります。
これらは、花粉症でなくても発症する場合があり、特に乳幼児期から発症するケースが多いのです。

アレルギーで命を落とす場合もあります。
過敏になりすぎてもいけませんが、自分の体に出た症状を軽視せず、時には病院に行き受診することも必要だということを頭においておきましょう。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。